読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3kg痩せたら焼き牡蠣食べ放題に行こう

ダイエットと読書と労働とあれこれ

3/25永原真夏ソロ@東高円寺二万電圧

3/25永原真夏ソロワンマン@東高円寺二万電圧 メモ

ソロ初のワンマンとのことで持ち歌からカバーまで。

会場は本人が10代の頃から出ていたハードコアのライブハウス。100人くらいかな?小さくて近い会場だった。

若い女の子ばっかりかと思いきや3〜4割が男の子だったような。でもみんな若かったな。

編成はsuper good bandだった。確か永原真夏+super good band 名義でもライブをやっていたので、ソロ名義のライブとの違いがよくわからない。そういえば『バイオロジー』はソロ名義で『青い空』は+スパグ名義だった

セットリストはバイオロジー以降が中心。

『応答しな!ハートブレイカー』から始まったような気がする。

銀河鉄道999の曲やスイセイノボアズの『64』を中盤に挟んでいて、『64』の本家にはない種類のしなやかさ(「パレードの後を着いてくる〜」のあたりとか)よかった。でも緩急のつけ方がベタすぎる気がした。

この日のハイライトは『オーロラの国』だった。MVを見たときは「ちょっともうついていけないかな」なんて思ってたんだけどとてもよかった。「オーロラの国」っていう仮想の、理想の国を歌う歌詞に実態が見えた気がした。ライブの中で説得力を獲得して行ったようなかんじ。会場の「オーロラ!」のレスポンスも熱かった。真夏ちゃんが会場に降りて「オーロラ!」コールをやってたのは最初宗教っぽかった(「新しい国を作ろう」っていう歌詞だし)けどだんだん面白になっていってたので長すぎたんだと思う。

あと『リトルタイガー』がよかったな。新曲もよかった。新曲の『この愛がそうだよ』はライブ映えするなあ。

今回はセバスチャンXの曲は一切なし。音沙汰名義もsuper good だけかな?『ホームレス銀河』はスパグ名義のシングルに入っているので。ちょっと物足りない感じがあった。実際ライブは2時間ちょうどだったし。

セバスチャンXが解散してからソロで指導するまでが早すぎて(確か活動休止ワンマンから2ヶ月くらいで音源出してる)「ちょっと待ってくれよ」って感じだったのが最近ようやく追いついてきたかんじ。

この人はライブ中によく笑う人だと思っていたのだけど(本当に「あはは」って声を出して笑う)、今回めっちゃ笑ってたな。昔なんかの媒体で「MCがグダグダ」って苦言を呈されていたMCが結構良くて、言葉にしにくそうな、作品の核になるようなところを「わからないか?」とか言いながら説明しようとしていてグッときた。

「かすみ草をそのまま渡すのではなく、ビニールで包んでリボンをかけてプレゼントするような作品を作りたいし、そういうものを信じている」みたいなことを言っていて、グッズ展開とか活版印刷を使うとことか「そういうことなのか」と思ったり。

セバスチャンX時代より解放的というか、小さい箱だったからなのかMCに警戒心がない感じがした。てらいがなさすぎて面食らっちゃった。

とてもよかったけどでもやっぱ物足りなかったな。音沙汰のライブ盤に好きな曲がいっぱい入ってるから(「しろくまオーケストラ」とか「荒野の彗星」とか誰名義か知らないけど)その辺も聴きたかった。

今度は音沙汰のライブが見たいな。

私は工藤歩里さんの演奏中の動きとか表情が大好きなんだ

いつかはもっと大きい会場で見たい。私はセバスチャンXは2010年代のジュディマリになれると本気で思ってたんだよ

https://youtu.be/aqKePGKczUE

食べたいものリスト

日高屋のモツ野菜ラーメンと餃子と唐揚げとレバニラ炒め

・カキフライ

・本マグロの赤身・中トロ・大トロの刺身

・ブリしゃぶ(大量のスライスした白ねぎと)

・生のタコのさしみ

・貝とわけぎのぬた

カサゴの唐揚げ

・揚げなすに大根おろしと生姜

・焼き鳥(モモ・ハツ・はつもと・せせり)

・ピクルス(セロリとうずらの卵とパプリカ)

・パテドカンパーニュを薄く切ったフランスパンにたっぷり塗ってトースターで軽く焼く

・スライスしたフランスパンにブルーチーズを乗せて少し蜂蜜をかける

・1.5cmくらいに切ったカンパーニュにモッツァレラチーズをのせて焼いて蜂蜜をかける

・金目鯛の煮付け

・鰆の西京焼き

・しまほっけの一夜干し

・えいひれ

・鯖の竜田揚げ

・板わさ

・塩辛と長ネギのチャーハン

はなまるうどんの丸ごとわかめうどん

丸亀製麺の冷やしぶっかけうどんとレンコン天

・鮭のおむすび

・鴨のロースト甘くないソース

・塩胡椒してグリルした鶏もも肉

・揚げ焼きした鳥モモ肉とオニオンスライスと千切りにんじんの南蛮漬け

・鯵の南蛮漬け

千駄木の稲毛屋のうな重

・生姜と酒と醤油でさっと煮たあさりを汁ごと炊き込んだご飯

・生麩の田楽

・ミートソーススパゲティ

・たらこスパのりたっぷり

マルゲリータ

ビスマルクピザ

・2年熟成の生ハム

・デミグラスソースのオムライス

・チキンコルマカレーとナン

・拝島のインドカレー屋さんのサラダ

ミョウバン処理してないうに

いくら丼

・苺(とよのか)

・あったかいだし巻き卵

・府中のけむりのレバー

・炙りチャーシューが乗った味噌ラーメン

・ひやむぎ

・みょうがの梅酢漬けをつゆに入れたそうめん

・ごぼうと大根とにんじんとこんにゃくの豚汁

・鳥モモ肉としめじとにんじんと油揚げの炊き込みご飯

・レンコンのきんぴら

・酢蓮根

・おばあちゃんのたたきごぼう

・アーモンドクリームのフルーツタルト

ラングドシャクッキーでチョコクリームを挟む

ルマンド

じゃがりこのたらこバター

アイスバインのポトフ

・茹でたてのウインナー

・ピザポテト

・オニオンスライス入りのポテトサラダ

・あん肝ポン酢

・タラの白子ポン酢

・カスタードのシュークリーム

・ドライフィグにビターチョコをまぶしたやつ

・焼いたカチョカバロ

・きのこあんの揚げ出し豆腐

・ピーマンのおかか炒め

・和牛の肩ロースのすきやき

・チリソースたっぷりの生春巻き

・普通の春巻き

・じゃがぽっくる

・マルセイバターサンド

・三宅島の牛乳せんべい

ぎょうざの満州の焼き餃子

・ゆで卵を添えたカレー

くるみ入りのフランスパン

・ヨーグルトにぶどうのコンフィチュールかける

・ほうれん草と潰したゆで卵をマヨネーズで和える

・飲むヨーグルト

・鮎の塩焼き

・関西風のうなぎの白焼き

・うざく(きゅうりと生姜とはじかみ)

・海老しそ餃子

チェンマイガパオライス

・茹でてくし形に切った皮付きのジャガイモを油とニンニクと塩辛と炒める

・クリームチーズをみりんで練った赤味噌に3日漬ける

・くるみ入りのスノーボールクッキー

・マンゴーのスムージー

・しめ鯖

・砂糖を入れて葛で固めた牛乳にマーマレードをつける

・メルヘンの竜田揚げサンド

干し芋

ゴールデンウィークのはなし②

もう記憶が薄いけど書いておこうと思う

 

5月2日

私の実家に二人で行く。

結婚の挨拶である。私はアイボリーのツイードのワンピースを着た。

特に何も考えずに買ったワンピースだったのだけど、そういえば

姉夫婦の顔合わせの時に姉も白っぽいツイードのワンピースを着ていたのだった。

顔合わせは割烹と居酒屋の間みたいな店を両親が選んでくれた。

会は和やかに進んで、両親も私たちもたくさんお酒を飲んでたくさん話した。

父親が「自分が妻と結婚する時、あいさつに行ったら義父は『娘が選んだ人なら何も言わない』って言われたから、自分の娘が結婚相手を連れて来た時はよっぽどじゃなければ受け入れようと思っていた」と10回くらい話していた。彼氏はその都度にこやかに相槌を打っていたのでえらい。

私が散々「私はモノじゃないんだから『娘さんを僕に下さい』は絶対言わないでくれ」と言ったせいか、決定的な言葉は特になく結婚の報告が終わった。そんなものなのだろうか。

 

5月3日

なぜか姉夫婦とその子供、両親、彼氏、私で萩焼まつりに行く。

よくわからない会だった。

萩から帰り、祖父母のお見舞いに行く

祖母は認知症が進んでいるとのことだったが、きちんと会話ができて安心した。

もはや入院している理由がどれなのかよくわからない祖父は会うたびに時間が遅くなっていくようで、どこへ行こうとするのか車椅子をゆっくりゆっくり操作していた。会話のテンポも遅くて意思疎通ができない。飴玉を探して空のポケットを探る手は幾分小さくなっていたけれども、昔と同じ節の大きい働き者の手だった。

少し泣いてしまったがきっとそれは傲慢で残酷で無責任なのだろうと思った。

 

5月4日

東京に戻る。両親に見送られるのはいつまでたっても居心地が悪いものだ。

 

5月5日、5月6日

記憶がない。多分ずっと寝ていたのだと思う。

 

 

先日、オーダーしたスーツが完成した。

受け取りに行った時の彼氏が坊主頭に円眼鏡、ガタイもいいのでインテリやくざのようだった。でも気に入っているようで嬉しい。

ゴールデンウィークのはなし①

ゴールデンウィークの備忘録。

忘れてもいいような忘れたくないような。

 

4月29日

夜、彼氏が来る。彼氏は現在仕事の都合で離島に住んでいるので船で来る。

当日までいつこちらに来るのか連絡がなく、自分の予定が立てられなくてイライラしていたので腹いせにエロ本を買って来させる。快楽天を買ってもらってちょっと嬉しい。エロ漫画が好きなので。

 

4月30日

のんびり起きてコメダコーヒーへ。コーヒーについてくる豆がやたらおいしい。シロノワールを初めて食べた。コメダを出て散歩。本を5冊買った。

夜、彼氏が生春巻き、私が春菊のサラダ、鶏ロールの照り煮(山本ゆりさんレシピ。コメダに山本さんの本があったので)、オニオンスライス等を作って野球を見ながら食べる。ヤクルト(私のひいき)が巨人(彼氏のひいき)に勝って嬉しい。

 

5月1日

婚約返礼品を買う。

この日は彼氏を喜ばせる日にしようと色々と計画していた。

銀座で懐石ランチ。朱雀という焼きごま豆腐(外は香ばしく焼けていて中がもちもちとろとろでおいしかった)と鯛茶漬け(ごまだれと薬味の大葉がよく合う)が有名らしいお店。料理は「これは家では作れまい」というかんじでとてもよかった。量もたっぷり。店員さんの立ち振る舞いも気持ちよい。お店を出てあれがおいしかったこれがおいしかったと言い合う。

昼食後に時計をプレゼントする。

さらにオーダースーツをプレゼントする。パターンオーダーである。新宿御苑のお店。ビルの8階、マンションの一室のようなところにあってちょっと迷った。お店のご主人(40代くらいかな?)が軽快にディティールを説明してくれるので楽しい。艶のある紺地にとても細いストライプが入ったイタリア生地で仕立ててもらう。出来上がりが楽しみ。ご主人が茶色のネクタイを締めていてすてきだったので今度プレゼントしよう。

夕飯は野球を見ながらすきやき。辛口の日本酒をたくさん飲んだ。この日もヤクルトが勝った。

 

久しぶりになってしまった

すっかり放置してしまった。

ブログタイトルが「3kg痩せたら焼き牡蠣食べ放題に行こう」になっているけど焼き牡蠣食べ放題に行かないまま12kg痩せた。

12kg痩せた話はまた今度書こうと思う。

 

この間の日曜日、夕方外に出た時の多幸感を好きな時に思い出せたらいいのになと思う。晴れた日の夕方で、陽が傾いて眩しくないのがよかった。晴れているとそれだけで気分がいい。

 

村上春樹の「女のいない男たち」を読んでいる。気色悪いタイトルだと思う。一本目の「ドライブ・マイ・カー」がひどい出来で、亡くなった妻が不倫していた話を男が運転(みさき)手にするっていうのが骨組みなのだけど、

「奥さんはその人に、心なんて惹かれていなかったんじゃないですか」とみさきはとても簡潔に言った。「だから寝たんです」

(略)

「女の人にはそういうところがあるんです」とみさきは付け加えた。

 ってちょっと陳腐すぎないかと思う。村上春樹フレーバーをまぶしてもダサい。あと「女の人にはそういうところがあるんです」っていうのも主語を大きくしすぎていて「は?」と思う。

 

最近ほとんど小説を読んでいないのだけど、趣味を聞かれたら(腹を割って話せる相手には)読書だと胸を張って答えられるのは、字が読めるようになってから20年以上(年長さんの時には一人で絵本を読んでいた記憶がある)(幼稚園の先生が他の子に「先生は手が離せないから、絵本はみどりちゃんに読んでもらいなさい」って言ったらその子「みどりちゃんじゃいやだ!」と泣いたのをよく覚えている)ずっと小説を読んできたからだろうな。

1/27
-1.6kg
朝:トマトスープ、玄米1/3合、温泉卵、みかん
昼:月見そば
夜:ビール(グラス1杯)

1/27
-2.2kg
朝:飲むヨーグルト
昼:カップ麺(そば)
夜:ビールジョッキ1杯、焼酎お湯割5杯、餃子1個、空芯菜炒め

1/28
-3.4kg
朝:なし
昼:いわしのつみれとほうれん草入り雑炊、みかん
夜:鮭とほうれん草の雑炊、みかん

あー

1/25
−2.6kg
朝:トマトスープ、玄米1/3合、納豆、めかぶ、みかん
昼:玄米1/3合、茹でた野菜と鶏胸肉(ほうれん草、小松菜、しめじ、にんじん、れんこん)
夜:わかめそば

1/26
朝:トマトスープ、玄米1/3合、納豆、めかぶ、みかん
昼:わかめそば
夜:あさりとほうれん草いり糖質0麺、茹でた鶏胸肉、いちご、セロリ

生理前だ。腰が重いしむくむし落ち込むし体重が増えるし最悪。めんどくさい上司に絡まれるしクソみたいな仕事振られるし昨日から最低。頑張って落とした体重がどんどん増えるし死にたい。生理がなくなる方向でダイエットしたいくらい。子供欲しくないし。でも生理がなくなったら更年期障害になるみたいだし、人間がもうちょっとマシな進化すればよかったのに。